RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
959:オカルトエムさま by アランの主 on 2014/11/22 at 01:35:56



エムさま
死んだらいつでも出てきてって言ってたから
出てきたのに・・・ぜ~んぜ~ん気づかないのっ!
て思っているかもよ(笑)

クローゼットから男の咳みたいなのが聞こえてってメチャ怖いですやん。
生きてる人間だったら怖いよ~!
気のせいでよかったですっね。

私は霊を信じるタイプ。
あまりに不自然なことが多すぎる・・・。


958:Re: NoTitle by アランの主 on 2014/11/22 at 01:10:30



きらちろママさま

ママの気持ち分かります。
母が亡くなった時、悲しくて悲しくて・・・
お化けでも良いから、私の前に現れてくれないかと思いました。
でも、まったく出てきてくれないの。
きっと、後を追ってこないように
そっと見守ってくれているんだと思っています。

母に会いたい会いたいと、いつも思っていたら夢をみました。
夢の中で、母は元気なときの姿で家事をしていました。
「おかあさん、亡くなったんじゃ?なんでこんな所にいるの?」と私。
「色々、用事があってね。それでしばらくこの世にいるの。」
「向うでは家族に囲まれて幸せだから、心配しなくてもいいよ。」と明るい母。
そこで目が覚めました。
それ以来、母は天国で先祖様と幸せに暮らしていると思うようになりました。
そのおかげで、悲しみは、ずいぶんと和らぎました。

957:オカルトアラン!? by エム on 2014/11/22 at 00:58:49

あたしも羨ましいな~。
身内の霊ならウエルカムだし、死んだらいつでも出てきて、って親には言ってたのだけど…。
夢には時々出るけど、特にメッセージ性はなし。
こないだの深夜はクローゼットから男の咳みたいなのが聞こえて、コソ泥でも隠れてるのか? と思うも、気のせいだった模様。
いやホント、生きてる邪悪な人間の方がよっぽどこわいよ!!!

でも霊とかUFOとか、頑なに信じない人も実は多いのよね~。
だからうちのオカルト記事、決めつけないように描いたもの。
(そうでもないか!)

956:Re: NoTitle by アランの主 on 2014/11/22 at 00:39:00



ふ~みんまま さま
ゴースト見ましたー☆
あのころのデミ・ムーアは初々しかったですね~
胡散臭い霊媒師のウーピー・ゴールドバーグもいい味だしてました。
いい作品でした♪

実体のない人が、気持ちを伝えるのは難しいでしょうね。
怖がられてお祓いされたりして・・・。
生きてる人同士でも本当の気持ちを伝えるのは難しいです~。

私も、天国に行く前に、お別れに訪れたのだと思っています。

954:NoTitle by きらちろママ on 2014/11/20 at 16:27:48

気の小さい方だったら怖かったでしょうね。
でも、ちょっとうらやましいお話しです。
私は、祖父母も父も大好きでしたし、可愛がってもらっていたので、
一度くらいは出てきてもよさそうなのに、こういう場面はありません。
それはそれで、思い残すことなく成仏したのかな…という安心感も
ありますし、私に心配かけないようにそっと見守っているんだと
思っています。

953:NoTitle by ふ~みんまま on 2014/11/20 at 08:56:05

怖いお話のように聞こえるけど、身内だったら怖くないナって
思ったんですけど、昔ゴーストっていう映画があっってね、
(デミ・ムーアが若くて可愛かった頃の映画)、この世に思いを
残したまま亡くなってしまって、なんとか残された人に気持ちを
伝えようとしてモノを動かすんですよ。
でもコッチ側の生きてる人間からしたらキモチ悪いだけ。
もしかしたら義母さんもアランの主さんも、大好きだったその人が
お別れを言いに来たのだと、私は真剣に思いますです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

亡くなった人が階段を上ってきた話

これは昔、(私と夫が結婚する前)

義母が体験したお話です。(義母も今は鬼籍に入られました)

義母は婿取りで母親とは仲よし親子でした。

大好きな母親が病気で亡くなり、

夫とは離婚していたし、父もすでに亡く、息子(私の夫)は当時県外に就職していましたので

3階建ての家に一人ぽっちで住む状態になったそうです。

母親の葬儀が済んで数日経った夜、2階の自分の部屋で寝ていると・・・

誰も居ないはずなのに、1階の方で人の歩く気配がしたそうです。

義母はとっても怖がりなので確かめに行くこともできずに

布団を頭から被り震えていたそうです。

泥棒か?と最初は思ったそうですが、

足音の特徴が亡くなった母親のそれでした。

恐ろしくなって心の中でお経を唱えながら

布団をにぎりしめて目をつぶって震えていたそうです。

足音は階下を歩きまわっていましたが・・・

そのうち階段を上りはじめました。

足音は義母の部屋の襖の前で止まり

「ちいちゃん。」と普段通りの感じで名を呼んだそうです。

確かに母親の声だったそうです。

1回だけ名を呼んで、後は静かになり・・・

襖が開くとかの劇的な展開は無かったそうですが、

怖さでふるえながら朝まで布団をかぶっていたそうです。

しばらくの間、怖いので友人に泊まりにきてもらったそうです。

私からみても、義母は相当に気が小さい人だったので

その時の恐怖は、たいへんなものだったと推測できます。

ま~、泥棒さんの方でなくてよかった。

生身の人間の方が、よっぽど怖~ぃ昨今ですから・・・。


私も大好きだった祖母が亡くなる2日前、(意識不明で入院していた)

祖母の魂が部屋に来ているような気配を感じていたけれど
(部屋に入ったら冷気を感じたので)

気のせいかな?と気にも留めずに寝ていたら・・・

深夜2時半ごろパシーン!!と音がして

目を覚ましたとたん目の端に、

壁にかかっていた色紙が落ちるのが映りました。

部屋を明るくして壁を見ると

色紙を入れていた額の縁が割れて

色紙とガラスが無傷で下に落ちていました。

あぁ、やっぱりお別れに来てたのねと当時思いました。

ば~ちゃんがお別れに来たと家人に言っても

劣化して偶然そうなったと皆思っていたようです。




この文章を書いている途中、
なにやら低く呟くような声がするので
振り返ったら~猫がイビキをかいて寝ていました。(ドッキリ!しちゃうわ~)

亡くなった人の魂は、しばらくはこの世に留まっているのかしら?
その間に大好きだった人に会いに行くのかしら?
49日を過ぎるころには気配を感じられなくなるので
天国に行ったんだろうと勝手に思っています。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
959:オカルトエムさま by アランの主 on 2014/11/22 at 01:35:56



エムさま
死んだらいつでも出てきてって言ってたから
出てきたのに・・・ぜ~んぜ~ん気づかないのっ!
て思っているかもよ(笑)

クローゼットから男の咳みたいなのが聞こえてってメチャ怖いですやん。
生きてる人間だったら怖いよ~!
気のせいでよかったですっね。

私は霊を信じるタイプ。
あまりに不自然なことが多すぎる・・・。


958:Re: NoTitle by アランの主 on 2014/11/22 at 01:10:30



きらちろママさま

ママの気持ち分かります。
母が亡くなった時、悲しくて悲しくて・・・
お化けでも良いから、私の前に現れてくれないかと思いました。
でも、まったく出てきてくれないの。
きっと、後を追ってこないように
そっと見守ってくれているんだと思っています。

母に会いたい会いたいと、いつも思っていたら夢をみました。
夢の中で、母は元気なときの姿で家事をしていました。
「おかあさん、亡くなったんじゃ?なんでこんな所にいるの?」と私。
「色々、用事があってね。それでしばらくこの世にいるの。」
「向うでは家族に囲まれて幸せだから、心配しなくてもいいよ。」と明るい母。
そこで目が覚めました。
それ以来、母は天国で先祖様と幸せに暮らしていると思うようになりました。
そのおかげで、悲しみは、ずいぶんと和らぎました。

957:オカルトアラン!? by エム on 2014/11/22 at 00:58:49

あたしも羨ましいな~。
身内の霊ならウエルカムだし、死んだらいつでも出てきて、って親には言ってたのだけど…。
夢には時々出るけど、特にメッセージ性はなし。
こないだの深夜はクローゼットから男の咳みたいなのが聞こえて、コソ泥でも隠れてるのか? と思うも、気のせいだった模様。
いやホント、生きてる邪悪な人間の方がよっぽどこわいよ!!!

でも霊とかUFOとか、頑なに信じない人も実は多いのよね~。
だからうちのオカルト記事、決めつけないように描いたもの。
(そうでもないか!)

956:Re: NoTitle by アランの主 on 2014/11/22 at 00:39:00



ふ~みんまま さま
ゴースト見ましたー☆
あのころのデミ・ムーアは初々しかったですね~
胡散臭い霊媒師のウーピー・ゴールドバーグもいい味だしてました。
いい作品でした♪

実体のない人が、気持ちを伝えるのは難しいでしょうね。
怖がられてお祓いされたりして・・・。
生きてる人同士でも本当の気持ちを伝えるのは難しいです~。

私も、天国に行く前に、お別れに訪れたのだと思っています。

954:NoTitle by きらちろママ on 2014/11/20 at 16:27:48

気の小さい方だったら怖かったでしょうね。
でも、ちょっとうらやましいお話しです。
私は、祖父母も父も大好きでしたし、可愛がってもらっていたので、
一度くらいは出てきてもよさそうなのに、こういう場面はありません。
それはそれで、思い残すことなく成仏したのかな…という安心感も
ありますし、私に心配かけないようにそっと見守っているんだと
思っています。

953:NoTitle by ふ~みんまま on 2014/11/20 at 08:56:05

怖いお話のように聞こえるけど、身内だったら怖くないナって
思ったんですけど、昔ゴーストっていう映画があっってね、
(デミ・ムーアが若くて可愛かった頃の映画)、この世に思いを
残したまま亡くなってしまって、なんとか残された人に気持ちを
伝えようとしてモノを動かすんですよ。
でもコッチ側の生きてる人間からしたらキモチ悪いだけ。
もしかしたら義母さんもアランの主さんも、大好きだったその人が
お別れを言いに来たのだと、私は真剣に思いますです。

▼このエントリーにコメントを残す

   

こんにちは! アランです

アランの主

Author:アランの主
☆・・☆・・☆・・☆・・☆  

アラン ベンガル猫♂
好奇心旺盛ないたずら大好き猫
住所 富山県
2012年3月11日生
うお座

☆・・☆・・☆・・☆・・☆
アランの主
趣味で粘土を、こねこねしています。
A型 かに座
☆・・☆・・☆・・☆・・☆ 
リンクフリーですにゃん

訪問ありがとうございます

bengal.gif toyama.jpg

コメント

リンク

項目

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。